10月, 2015

now browsing by month

 

見ているだけでも楽しい着物の柄

着物というのはすごく素敵なお召し物ですよね。着物を着たときの立ち居振る舞いは難しい物がありますが、完ぺきにこなすことができれば洋装よりもよりしとやかに見えるのではないかと思います。
そんな着物の柄には様々な物があります。どれも美しいですが意味があるものがあるというのはわりと最近まで知らなかったです。例えば吉祥文様と呼ばれる縁起の良いものをあしらったものはお祝いの席に着用すると良いとされています。鶴や亀、鳳凰や龍、松竹梅といったものが多いようですね。
季節によって着たい柄というのも異なっており、春には梅や桜、牡丹といった花々やお雛様なんてものもあるのだそうです。夏には花火や風鈴、あじさいなどでしょうか。秋には楓やとんぼやすすき、桔梗になでしこ、冬には菊などがよいでしょう。
こうしてみてみると生き物や花があしらわれていることが多いように思いますね。上記以外の生き物ですと、うさぎや蝶なども多くなっています。この辺りは現在の和小物でも好んで使用されるモチーフですね。檜扇や花車、御所車などは平安時代を彷彿とさせる古典的な文様です。
着物の柄や文様の名前というのは漢字が多く使われていて難しい印象を受けますが、どれも響きが素敵です。着物を体や目で楽しみ、音でも楽しむというのもまた風流なのではないかなと思います。

新たなデザインの着物の模索

新たなタイプのデザインの着物を作る動きは、積極的に行われるようになり始めていると考えられています。着物を手掛けている人々にとっては、新たなデザインのものを作ることは意欲的な取り組みのひとつとして認識されるようになってきているため、こうした動きが従来よりも高い頻度で確認されるようになってきつつあると言えるのではないでしょうか。このような傾向は、幅広い年代の人たちからの関心が抱かれるようになってきており、着物を購入したいと希望する人が増加する契機にもなるのではないかと推測されています。
これまでにないタイプのデザインの着物は、次々に発表されるようになり始めています。そのため、着物に関心を抱く人も着実に増加するようになってきており、高い頻度で着物が購入されることにも関与してきているのではないかとみられています。今後も斬新でこれまでになかったデザインの着物が、多方面で発表されるようになっていくのではないかと予測されています。そのため、着物を所有する人の割合が着実に高くなることや、複数の着物を所有する人も数多く見受けられるようになるのではないかと推測されています。服飾関連の分野からの期待も集まるでしょう。