着物を着る準備は大変です

義理の兄が結婚することになりました。おめでたい席なので、私はもちろん色留袖を着ることにします。私が結婚する時に母が持たせてくれた着物なので、レンタルする必要はありません。しかし、美容院で髪型のセットや着付けをしていただかなければいけなく、結婚式の前から着物を着るための準備で大忙しでした。

美容院で着付けてもらうとはいえ、着物だけ持っていけばいいという訳ではありません。着物を着るために小物も数多く持っていかなければいけないし、着物の下に着る襦袢屋帯なども必要になります。それらみんな持ってはいたけれど、どれをどれだけ持っていけば良いのかが全く分からず困ってしまいます。こんな時、着つけを勉強しておけばよかったと後悔するけれど、その時は後の祭りです。

実家の母に助けを求め、必要なものをひとまとめにします。これを機会に覚えておかなければと思い、メモをとりながら準備をしました。そのせいもあって、忘れ物をすることなく無事着付けを済ませることができました。

やはり着物を着ると身が締まります。実際に胸や腰などをギュッとしめつけられていることもあるからなのかもしれません。でもそれが決して辛いと感じないのは着物の魅力の一つなのでしょうか?こんな時に私は日本人で本当に良かったなんてことを思ったのを覚えています。



Comments are Closed