着物の手入れについて

着物の手入れと言うのは非常に難しいと思います。
しかし、着物と言うのは、一年のほとんどの期間を、たんすの中に入れて保管しているというのがほとんどであるといえます。
ですので、この保管状態が良くないと、シワになってしまったり、また色落ちしてしまったりする可能性があります。
ですので、しっかりと管理をするというのが大切となります。
また、着物を買い取ってもらう場合などは、「保管状態」というものが非常に大切となります。
たとえば、どんなに値打ちのある着物であったとしても、保管状態が悪かったりすると、高い値段で買い取ってもらえない可能性があります。
つまり、良い着物を持っていたとして、保管状態などが悪ければ、価値が下がってしまいますので、しっかりと保存をしておく必要があります。
まず、着物のお手入れですが、数か月に一度は、虫干しなどをする必要があります。
さらには、保管方法ですが、着物の正しいたたみ方というものを参考にして畳んでおき、さらには、桐たんすなどにしっかりと保管をしておくことが大切です。
通常のたんすではなく、桐たんすなどにしまっておくというのが理想の保管方法なのです。
また、シミなどができないように、大切に着ることが必要です。



Comments are Closed